2015年10月アーカイブ

Rynx.公式サイト:

http://ictfractal.wix.com/rynx-official

公式サイト右上の「Rynx.Tips」からご覧ください。




プロジェクトの複製は次のようなケースで役立ちます。

  • 複数人にそれぞれ適したメモを添付して共有したい

  • オリジナルのプロジェクトを残してトリミングしたい

 

次の手順でプロジェクトを複製できます。

 

コレクション画面で複製したいプロジェクトをタップし、メニューを表示します。

 

メニュー中の「コピー」をタップします。

 

確認画面でコピーをタップします。

 

複製処理が完了するまでお待ちください。

サイズの大きいプロジェクトの場合、複製に時間がかかります。

 

複製したプロジェクトは新規プロジェクトとして扱われ、プロジェクト名に「(Copy)」が追加されます。

プロジェクト一覧の一番先頭に表示されていることを確認してください。

 

memo:

プロジェクト名の編集を行うことで、「(Copy)」を消すことができます。

Rynx.公式サイト:

http://ictfractal.wix.com/rynx-official

公式サイト右上の「Rynx.Tips」からご覧ください。




バージョン1.1で音声ファイルのみを共有する機能が追加されました。

この機能はプロジェクトから音声データのみを抜き出し、様々な環境で再生可能な音声ファイル(.m4a)として共有します。

 

 

コレクション画面で共有したいプロジェクトをタップし、メニュー画面を表示します。

 

シェアセクション中の「音声のみ」をタップします。

 

共有先の選択画面で共有先を選択し、音声データを送信します。

 

 

Rynx.公式サイト:

http://ictfractal.wix.com/rynx-official

公式サイト右上の「Rynx.Tips」からご覧ください。



一度作成したグループはいつでもリネームすることができます。

 

コレクション画面左上にあるグループ編集ボタンをタップし、グループ一覧を編集モードにします。

 

リネームしたいグループをタップします。

 

リネーム画面で名称を入力し、OKボタンをタップします。

 

グループ名がリネームされたことを確認してください。

左上のグループ編集ボタンをタップし、編集モードを終了します。

 

 


Rynx.公式サイト:

http://ictfractal.wix.com/rynx-official

公式サイト右上の「Rynx.Tips」からご覧ください。




例えば10個のプロジェクトを会議グループに移動したい時、グループ割り当て操作を10回繰り返すのは面倒です。

このような時はプロジェクトの同時操作が便利です。

 

プロジェクトを同時に操作するには、まず対象となるプロジェクトを選択する必要があります。

コレクション画面のプロジェクト一覧で、操作したいプロジェクト項目を左にドラッグします。

 

ドラッグした項目の右側にチェックマークがつくことを確認してください。

同じ要領で同時に操作したいプロジェクトすべてにチェックマークをつけます。

 

memo:

チェックを外したい場合、右にドラッグしてください。

 

 

 

チェックの付いているプロジェクトをタップし、同時操作メニューを表示します。

チェックの付いていないプロジェクトをタップすると通常のメニューが表示されますので注意してください。

 

同時操作メニューから操作を選択することで、選択したプロジェクトすべてに操作が適用されます。

Rynx.公式サイト:

http://ictfractal.wix.com/rynx-official

公式サイト右上の「Rynx.Tips」からご覧ください。


録音時や再生時、波形は必要な情報を表示する為、自動的に最適な箇所を表示します。

それだけで大抵は問題ありませんが、波形に対して幾つかの操作を覚える事で、さらに便利になります。

 

拡大・縮小

波形の上でピンチイン/ピンチアウトする事で、波形を拡大・縮小できます。

録音データすべてを見たい場合、あるいはハイライトの位置調整などで細かい時間を見たい場合に便利です。

 

スクロール

波形が画面に収まりきらない場合、波形をドラッグする事でスクロールできます。

 

memo:

条件を満たす事で自動スクロールモードとなり、最適な箇所を表示し続ける事ができます。

録音画面及び再生画面で自動スクロールモードにするための条件は以下の通りです。

 

録音画面:波形の一番先頭(右側)までスクロールさせる

再生画面:再生カーソルが画面内に表示される位置までスクロールさせる