2015年9月アーカイブ

Rynx.ダウンロード:

https://itunes.apple.com/us/app/rynx./id1018691662?l=ja&ls=1&mt=8


Rynx.公式サイト:

http://ictfractal.wix.com/rynx-official

公式サイト右上の「Rynx.Tips」からご覧ください。




メモの添付時間変更は録音画面及び再生画面で行うことができます。

サンプル画像として再生画面を用いますが、録音画面でも同様の操作が可能です。

 

 

添付時間を変更したいメモのシンボルを1秒間ほど長押しします。

 

メモのシンボルが移動モードになるので、左右にスライドさせて添付時間を変更します。

移動モードは指を離すと終了します。

 


Rynx.ダウンロード:

https://itunes.apple.com/us/app/rynx./id1018691662?l=ja&ls=1&mt=8


Rynx.公式サイト:

http://ictfractal.wix.com/rynx-official

公式サイト右上の「Rynx.Tips」からご覧ください。



ハイライトの削除は録音画面及び再生画面で行うことができます。

サンプル画像として再生画面を用いますが、録音画面でも同様の操作が可能です。

 

方法1:ハイライト変更モードから削除する

ハイライトを変更モードに切り替え、削除する方法です。

削除したいハイライトがすでに表示されている場合に向いています。

 

削除したいハイライトを1秒程度長押しし、ハイライトを変更モードに切り替えます。

 

ゴミ箱ボタンを上方向にスライドさせます。

一定距離以上スライドさせるとハイライトを削除することができます。

 

memo:

スライド位置を元に戻すこで、ハイライトの削除を取り消すことができます。

 

 

 

方法2:イベントテーブルから削除する

イベントテーブルから目的のハイライトを削除する方法です。

目的のハイライトが波形のどこにあるか不明な場合に向いています。

 

画面右上にあるメニューボタンをタップします。

 

メニュー「イベントテーブル」をタップします。

 

イベントテーブル中の削除したいハイライトをタップし、イベント詳細画面を表示します。

 

memo:

項目が多すぎて目的のハイライトを探しづらい場合、イベントテーブル上部にあるフィルターボタンでハイライト以外の項目を非表示にしてください。

 

 

詳細画面中の削除をタップします。

 

確認画面中の削除をタップします。

 

 

Rynx.ダウンロード:

https://itunes.apple.com/us/app/rynx./id1018691662?l=ja&ls=1&mt=8


Rynx.公式サイト:

http://ictfractal.wix.com/rynx-official

公式サイト右上の「Rynx.Tips」からご覧ください。



追加し終えているハイライトの時間範囲を変更することができます。

ハイライトの変更は、録音画面あるいは再生画面で行うことが可能です。

 

memo:

時間範囲を変更することで、ハイライトを重ねることが可能です。

重ねすぎると操作性が著しく低下しますので、ご注意ください。

 

 

サンプル画像は再生画面ですが、手順は録音画面も同様です。

再生画面あるいは録音画面で変更したいハイライトを1秒程度長押しします。

 

ハイライトが変更モードになります。

 

開始時間変更スライドボタン:

 スライドボタンを左右にスライドさせることで、ハイライトの開始時間を変更できます。

 開始時間は終了時間より後にすることはできません。

 

終了時間変更スライドボタン:

 スライドボタンを左右にスライドすることで、ハイライトの終了時間を変更できます。

 終了時間は開始時間より前にすることはできません。

 

 

 

ハイライト以外をタップすることで、ハイライトの変更モードを終了できます。

 

Rynx.ダウンロード:

https://itunes.apple.com/us/app/rynx./id1018691662?l=ja&ls=1&mt=8


Rynx.公式サイト:

http://ictfractal.wix.com/rynx-official

公式サイト右上の「Rynx.Tips」からご覧ください。




プロジェクトをグループ分けすることで、目的のプロジェクトが探しやすくなります。

グループ分け作業はコレクション画面で行います。

 

グループ一覧:

 登録されているグループの一覧です。

 項目をタップすることで、そのグループに属したプロジェクトのみを表示します。

 一番上の項目「すべて」は、すべてのプロジェクトを表示する特別な項目です。

 

表示中のグループ:

 プロジェクト一覧に表示中のグループは項目の右側にチェックマークがつきます。

 

グループ一覧の編集モード切替えボタン:

 タップするとグループ一覧を編集モードに切替えます。

 編集モードではグループの新規作成、削除、名前の変更、並べ替えを行えます。

 もう一度タップすることで編集モードを終了します。

 

プロジェクト一覧:

 選択されているグループに属したプロジェクトを一覧表示します。

 グループ「すべて」が選択されている場合、すべてのプロジェクトが表示されます。

 上から作成日時が新しい順に表示されますが、まだ再生を行っていないプロジェクトは「New:」という文字列がついた状態で先頭に表示されます。

 

 

memo:

縦画面でアプリを使用している場合、初期状態ではグループ一覧が表示されていません。

グループ一覧を表示するには、コレクション画面左側にあるグループ一覧表示ボタンをタップしてください。

 

 

 

 

グループの新規作成

コレクション画面のグループ編集モード切替えボタンをタップし、グループ一覧を編集モードにします。

 

グループ一覧が編集モードに変わり、各種操作が可能となります。

グループ一番下の項目である「新規追加」をタップします。

 

グループ名の入力画面が表示されるので、グループ名を入力し、OKボタンをタップします。

 

グループ一覧の一番下に新規グループが追加されます。

編集モード切替えボタンをタップし、グループ一覧の編集モードを終了します。

 

 

 

プロジェクトのグループ分け

前のステップで追加した「new group」へプロジェクトをグループ分けします。

プロジェクト一覧からnew groupに割り当てたいプロジェクトをタップします。

 

メニューの「グループ割り当て」セクションに「new group」があることを確認してください。

new groupをタップするとプロジェクトがnew groupにグループ分けされます。

 

プロジェクト一覧の項目にグループした項目名(今回はnew group)が表示されていることと、グループ一覧のnew groupの項目数が1つ増えていることを確認してください。

 

Rynx.ダウンロード:

https://itunes.apple.com/us/app/rynx./id1018691662?l=ja&ls=1&mt=8


Rynx.公式サイト:

http://ictfractal.wix.com/rynx-official

公式サイト右上の「Rynx.Tips」からご覧ください。




記録した情報をyoutubeにアップロードしたり、あるいはRynx.を持っていない相手に動画や写真の再生位置を残したまま送信したい場合、動画形式による共有が便利です。

 

動画形式は音声、写真、動画の各ファイルを1つの動画ファイルとして再構成します。

画像データが存在しない時間帯は、波形情報を表示します。

再構成した動画ファイルは.mp4ファイルとして共有先に転送されます。

 

memo:

.mp4ファイルはiPhoneやiPadを含む様々なデバイスで再生可能な動画ファイルの形式です。

 

 

コレクション画面で共有したいプロジェクトをタップし、メニュー画面を表示します。

 

シェアセクション中の「ムービーを作成」をタップします。

 

プロジェクト内に縦方向と横方向の写真や動画が混在する場合、再構成する動画方向の選択画面が表示されます。

好みの方向をタップしてください。

※写真や動画の方向が混在していない場合、自動的に再構成する動画方向が決定されますので、この選択画面は表示されません。

 

動画のエクスポートが終わるまで、しばらくお待ち下さい。

動画のエクスポートは非常に時間がかかります。またデバイスのリソースも多く消費するため、エクスポート中に別アプリを操作することはお勧めしません。

十分な待機時間を確保の上、動画のエクスポートを行ってください。

 

動画のエクスポートが完了すると、共有先の選択画面が表示されます。

共有先をタップし、動画データを送信します。

 

Rynx.ダウンロード:

https://itunes.apple.com/us/app/rynx./id1018691662?l=ja&ls=1&mt=8


Rynx.公式サイト:

http://ictfractal.wix.com/rynx-official

公式サイト右上の「Rynx.Tips」からご覧ください。




プロジェクト内の各データ(音声、写真、動画)を送信先で二次利用したい場合、プレーンデータ形式による共有が便利です。

例えば写真画像をホームページ素材として利用したい場合などはこちらの形式をご利用ください。

 

プレーンデータ形式は音声、写真、動画の各ファイルをそのままの形式で共有します。

各ファイルの拡張子は次の通りです。

  • 音声(.m4a)

  • 写真(.jpg)

  • 動画(.mp4)

各ファイルはzipファイルとして共有先に転送されます。

共有先でzipファイルを解凍の上、ご利用ください。

 

 

コレクション画面で共有したいプロジェクトをタップし、メニュー画面を表示します。

 

シェアセクション中の「プレーンデータ」をタップします。

 

プレーンデータの圧縮が終わるまで、しばらくお待ちください。

長時間の録音や、動画が多数含まれるなどプロジェクト全体サイズが大きい場合時間がかかります。

 

プレーンデータの圧縮が完了すると、共有先の選択画面が表示されます。

共有先をタップし、プレーンデータを送信します。

 

Rynx.ダウンロード:

https://itunes.apple.com/us/app/rynx./id1018691662?l=ja&ls=1&mt=8


Rynx.公式サイト:

http://ictfractal.wix.com/rynx-official

公式サイト右上の「Rynx.Tips」からご覧ください。




送り先にもRynx.がインストールされている場合、すべてのデータを完全に再現できるRynx.プロジェクト形式での共有が便利です。

 

注意:

Rynx.プロジェクト形式はRynx.専用のファイル形式です。

他のアプリでは正しく読み込むことはできませんので、ご注意ください。

 

 

コレクション画面で共有したいプロジェクトをタップし、メニュー画面を表示します。

 

シェアセクション中の「Rynx.プロジェクト」をタップします。

 

Rynx.プロジェクトファイルが作成されるまで、しばらくお待ちください。

長時間の録音や、動画が多数含まれるなどプロジェクト全体のサイズが大きい場合時間がかかります。

 

Rynx.プロジェクト形式の作成が完了すると、共有先の選択画面が表示されます。

共有先をタップし、Rynx.プロジェクトファイルを送信します。

 

 

以下はRynx.プロジェクトファイルを受け取った側の説明です。

 

例としてAirDropによって受け取った場合を説明します。

受け取りを許可するとファイルの受信が始まります。

受信が完了するまでしばらくお待ちください。

 

インポート完了メッセージが表示されると、Rynx.への受け取り完了です。

 

受け取ったプロジェクトはコレクション画面で新規プロジェクト(New表示付き)として扱われます。

新規プロジェクトはプロジェクトの一番上に表示されますので、正しく受け取れていることを確認してください。

 

Rynx.ダウンロード:

https://itunes.apple.com/us/app/rynx./id1018691662?l=ja&ls=1&mt=8


Rynx.公式サイト:

http://ictfractal.wix.com/rynx-official

公式サイト右上の「Rynx.Tips」からご覧ください。




マイク入力倍率の変更は、小さい音や大きな音を適した音量で録音するための機能です。

例えば録音中次のような波形である場合、マイク入力倍率を上げた方が良いと言えます。

録音画面_波形大きさ説明.png
マイク入力倍率を変更するには、録音画面左上のメニューボタンをタップします。
録音画面_メニューボタンタップ.png
メニュー項目の「マイク入力倍率」をタップし、マイク入力倍率の調整画面を表示します。
録音画面_マイク入力倍率タップ.png
マイク入力倍率の調整画面では、マイクからの音声入力をリアルタイムに波形表示します。
マイク入力倍率調整画面説明.png
画面終了:
 マイク入力倍率の調整画面を終了し、録音画面に戻ります。

現在の倍率:
 現在のマイク入力倍率を表示します。

倍率調整スライドバー:
 バー上の円を左右にスライドさせることでマイク入力倍率を変更できます。
 左が小さく(最小1.0倍)、右が大きく(最大10.0倍)です。



波形を構成する4本のラインがはっきりと区別できる程度に倍率を上げると良いでしょう。
あまり倍率を上げすぎると入力レベルが限界値を超えてしまい、所謂音割れ状態となります。
音割れ時には波形が赤くなりますので、白の状態を維持できる倍率に調整してください。
マイク入力倍率調整画面_音割れ.png

Rynx.ダウンロード:

https://itunes.apple.com/us/app/rynx./id1018691662?l=ja&ls=1&mt=8


Rynx.公式サイト:

http://ictfractal.wix.com/rynx-official

公式サイト右上の「Rynx.Tips」からご覧ください。



長時間且つ多数の添付データを含むプロジェクトを持っている場合、波形を見ただけですべてのデータを把握することは困難です。

特に多数のデータから目的の1つを探したい場合、時系列順にデータを一覧表示するイベントテーブルが便利です。


イベントテーブルは録音画面と再生画面から参照することができます。

このTipsではより多くの機能が使える再生画面をベースに説明します。



再生画面あるいは録音画面左上にあるメニューボタンをタップし、メニュー画面を表示します。

再生画面_メニューボタンタップ.png
メニュー項目の「イベントテーブル」をタップし、イベントテーブル画面を表示します。
再生画面_イベントテーブルタップ.png
再生画面_イベントリスト説明.png
フィルターボタン:
 目的のイベントを探しやすくするため、不要なイベントを非表示にする機能です。
 タップすると各イベントの表示/非表示を切り替えることができます。
 左から順に「写真」、「動画」、「メモ」、「ハイライト」、「地点情報」を表します。

イベントテーブル:
 イベントが上から時系列順に表示されます。
 タップすることで各イベントの詳細画面を表示します。




イベントをタップすることで各イベントの詳細画面を表示します。
詳細画面では各イベントを有効活用するためのメニューが揃っています。

写真イベント:
写真イベント詳細画面説明.png
サムネイル:
 写真のサムネイルが表示されます。
 
頭出し:
 写真イベントが追加された時間から再生を開始します。

シェア:
 この写真を違うアプリや端末に送信します。

削除:
 このイベントを削除します。
 写真データも失われるので注意してください。



動画イベント:
動画イベント詳細画面説明.png
再生画面:
 動画がループ再生されます。
 詳細画面の動画は録音データの再生時間と同期していません。

頭出し:
 動画イベントが追加された時間から再生を開始します。

リピート:
 動画を記録した時間帯を繰り返し再生します。

シェア:
 この動画を違うアプリや端末に送信します。

削除:
 このイベントを削除します。
 動画データも失われるので注意してください。



メモイベント:
メモイベント詳細画面説明.png
メモ:
 メモの内容が表示されます。
 タップするとメモの編集画面を表示します。

頭出し:
 メモイベントが追加された時間から再生を開始します。

削除:
 このイベントを削除します。
 メモデータも失われるので注意してください。



ハイライトイベント:
ハイライトイベント詳細画面説明.png
ハイライト時間帯:
 ハイライトをかけた時間を表示します。

メモ:
 ハイライトの説明文を表示します。
 タップするとメモの編集画面を表示します。

頭出し:
 ハイライトイベントが追加された時間から再生を開始します。

リピート:
 ハイライトの時間帯を繰り返し再生します。

トリミング:
 ハイライトの時間帯のみを残し、他を削除するトリミングを実行します。
 トリミングにより削除されたすべてのデータは復元できません。
 プロジェクトをコピーの上、実行されることをお勧めします。

削除:
 このイベントを削除します。
 ハイライトデータも失われるので注意してください。



地点情報イベント:
地点情報詳細画面説明.png
地図:
 イベント地点付近の地図を表示します。
 タップすると全画面で地図を表示します。

頭出し:
 地点情報イベントが追加された時間から再生を開始します。

この場所への道順:
 現在地からイベント地点までの道案内を開始します。
記録を終えたプロジェクトは再生機能により再現することができます。

コレクション画面のプロジェクト一覧から再生したいプロジェクトをタップします。
コレクション画面_プロジェクトタップ.png
プロジェクトをタップするとメニュー画面が表示されます。
メニュー中の「再生」をタップします。
コレクション画面_再生タップ.png
再生画面が開き、再生を開始します。
再生画面説明.png
再生画面の終了ボタン:
 タップすると再生画面を終了し、コレクション画面に戻ります。

再生時間:
 左側が現在の再生時間、右側が録音時間を表します。

再生/停止ボタン:
 タップすると再生と停止を切り替えます。

メニューボタン:
 タップするとメニュー画面を表示します。

再生位置バー/ボタン:
 現在どの位置を再生しているかをバーで表示しています。
 バー中央にあるボタンをスライドさせることで再生時間を変えることができます。

動画シンボル:
 動画データがある場合、その時間にシンボルを表示します。
 シンボルをタップすることで、動画の開始時間から再生を開始できます。

写真シンボル:
 写真データがある場合、その時間にシンボルを表示します。
 シンボルをタップすることで、写真撮影時間から再生を開始できます。




memo:
再生画面ではメモ・ハイライトを追加することができます。

memo:
波形を直接タップすることで、その時間に再生位置を移動することができます。

memo:
再生画面では最初すべての波形が1画面に収まった倍率で表示されます。
波形を詳細に見たい場合、波形の上でピンチアウトを行い拡大することが可能です。
Twitterボタン
Twitterブログパーツ