2012年7月アーカイブ

こんにちは。開発担当のICTFです。

他のプロジェクトで使っていたクラスを新プロジェクトにコピーしたらビルドが通らなくなった、なんて経験はありませんか?
そういったビルドエラーの中でも多いのが「一緒にコピーしたはずのヘッダーファイルが見つからないエラー」ではないでしょうか。
理由は簡単で、コピー元プロジェクトで設定されていたヘッダーファイルへのパスがコピー先プロジェクトに存在しなかったからです。
「ヘッダーファイルのパスを通す」とは、コンパイラに「このフォルダにヘッダーファイルを入れておくので、ビルド時にチェックしてね」ということを意味します。
今回は、XCodeでヘッダーファイルのパスを通す方法を紹介しようと思います。

1. プロジェクトファイルを選択し、Build Settingsタブをクリックして下さい。
画像1

2.Build Settingsの一覧が表示されますので、Search PathsカテゴリのHeader Search Pathsという項目を見つけて下さい。

3. Header Search Pathsをダブルクリックすると項目の編集画面が開きます。
 編集画面で+ボタンをクリックすると項目が追加されますので、そこにパスを入力して下さい。
 ※パスはダブルクォーテーションで括りましょう。

これで完了です。
XCodeはGUIで設定を行なえる点は便利ですが、目的の項目を探し出すのに苦労しますね。
こんにちは。開発担当のICTFです。

Appleの公式アプリなどでクールな背景テクスチャを表示していることがありますよね。

スクリーンショット 2012-07-26 14.09.00.png
こんなテクスチャです。

自分のアプリにこのテクスチャを組み込むとき、画像を自作している方をたまに見受けますが、実はこのテクスチャUIColorの色定数に予め用意されています。

[UIColor scrollViewTexturedBackgroundColor]


この一文だけでUIColorを適用できる箇所になら何処にでも背景テクスチャを適用する事ができます。
こんにちは、開発担当のICTFです。

多機能ボイスレコーダーアプリ
Relational Voice Recorder」が本日バージョンアップしました。
以前は小さかった録音ボタンが、見やすく、そして少し格好よくなりました。
今後もインターフェースを改良していく予定ですので、楽しみにお待ちください。
2012-07-04 11.16.39.png
おまけ:
次回バージョンアップでは、次の機能が変わる予定です。
 ・ライブラリー画面のアクションメニューインターフェース
 ・ライブラリー画面のメモ、地図情報アイコンのデザイン
以前アクションシートであったメニューが、このように変化します。
2012-07-04 11.23.56.png
それでは今後とも、弊社製品を宜しくお願い致します!